雨の日のミツバチ内検

こんにちは。1年次の町田です。

8月26日に行われたミツバチ内検の報告をします。

この日は雨だったため、採蜜出来た蜂蜜を瓶に詰めたものにラベルを張る作業と、プラスチックの容器の内側に蜜蝋を塗って、そのトレーにネットを被せる作業をが行われました。

このプラスチックの容器の内側に蜜蝋を塗る理由は、蜂蜜を入れて水分を抜くためです。

ネットを張る理由は、蜂蜜にテリが無くなるのを防ぐためです。

img_1464

_mg_1460

以上で報告を終わります。


雨の日のミツバチ内検」への3件のフィードバック

  1. こんにちは。銀座の蜂蜜フェスタで購入しましたときから、皆さんの活動を楽しみにしています。
    プラスチックの内側に蜜蝋を塗って水分を吸収させるんですね。
    はじめて知りました。プラスチックの容器に入れる時点で糖度はいくつでしょうか?今、糖度72%の蜂蜜があるのですが、加熱処理せずに水分を蒸発させたいと考えていたところです。差し支えなければ教えていただけますか?

    1. こんにちは。ハチミツフェスタで販売をした吉田と申します。
      いつも見ていただきありがとうございます!

      先生に聞いてみたところ、容器に入れる時点で73~74度だそうです。
      容器に入れて風を当てるという、大通高校と同じ方法だと加熱処理なしで水分が蒸発します。
      また蜜蝋を塗ると水分を吸収するだけではなく、容器のにおいがうつらなくなり、香りが落ちにくいのでおススメです!

      1. 吉田さん
        コメントありがとうございます。
        ほぼ同じ度数ですね。置いて置く環境にもよりますが
        この方法を参考にして82度になるまでやってみますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です