「中国語発表会」の報告です!

どうも皆さん!!一気に一面雪景色になってしまいましたね。
寒い寒いと言いつつも元気に過ごしている一年次のこっしーこと越前です。
今回は、12月13日(日)に行われた北海道地区高校生中国語発表会についてご報告したいと思います。

まず、中国語発表会とは、北海道内で中国語を学ぶ高校生たちに暗唱・朗読などの発表の機会を与え、特に中国語学習の基礎となる正しい発音の定着を目指すことを目的として開かれた発表会です。

この発表会では、部門が入門の部と初級の部に分かれており、入門の部に28名、初級の部に13名参加しました。
生徒たちは一人一人すごく真剣に本番の直前まで練習していて、積極的に先生に質問したりしていたそうです。

発表会の結果、1年6組の森咲月さんが入門の部で最優秀賞を、3年8組の佐藤希さんは初級の部で優秀賞を受賞しました!佐藤希さんは1位でもよかったほど上手でした。

発表会の後は、交流会があり、本校の中国籍生徒の、イエ・チビンさん、王海淼さんの2名が企画、運営をしました。

今回の発表会に参加して、引率の佐藤千恵子先生は、
「中国語を勉強している高校は、少ない。特にここ数年では、中国からの観光客がたくさん来て、交流する機会も増えているので、もっと中国語を勉強する学校が増えればいいと思いました。大通高校の生徒たちも今回の発表会に真剣に取り組んでいて、もっと多くの生徒が、中国語を勉強してほしいと思いました」といっていました。

確かに北海道は中国人などの観光客が多く訪れる場所なので、話しかけられることもあるかと思います。なので、今回のように中国語を勉強して発表する、といった機会があることは、とてもいいことだと思います。もっともっとこういった機会が増えればなお良いことだと今回の取材を通して感じました!

以上!!
もういくつ寝ると冬休み&クリスマス!
クリスマスには、チキンが食べたい、1年次のこっしーでした!!
ではでは~!!(^▽^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です