熱中症対策について

こんにちは! 一年次のむろです。

今回は熱中症について保健室に取材をしてきたので報告します。

 

そもそも熱中症とは、暑さと体温調整ができなくなり具合が悪くなることを言います。具体的にどういったときになりやすいかというと、気温や湿度が高い時や急に暑くなったときだそうです。

 

また体力がない人や暑さに弱い人のほか、風邪をひいたあと、食事をとっていないとき、寝不足のとき、といった自分の体の調子でもなりやすいそうです。

 

そんな熱中症に普段から気をつけることは、水分をこまめにとること、涼しい服を着ること、暑い時は帽子をかぶること、部屋を閉め切ったりせず換気する事、そして体調が悪い時は無理しないこと。これらの事を気をつけるといいそうです。

 

またもし熱中症になってしまったら、涼しい場所で休むこと、身体(特に首、わき、太もものつけね)を冷やし、水分を取るようにしましょう。

 

まだまだ暑い日は続くと思います。自分の体調に気をつけながら夏を楽しみましょう!

以上、むろでした。

IMG_8075

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です