囲碁・将棋部が全道大会に出場しました!

どうも、2年次のだいちです。

今回は11月12日に行われた北海道高等学校文化連盟第16回全道高等学校囲碁新人大会について報告します。この大会は、全日制の高校がほとんどの大会ですが、定時制の大通高校も出場しました。男子はAクラス(全国大会に繋がるクラス)とBクラス(全国大会に繋がらないクラス)に分かれており、大通高校からは男子Bクラスに3名、女子2名(女子はクラス分けなし)が出場しました。

男子3名は、3位、6位、12位に入賞。
女子2名は、2位、3位に入賞。
という結果になりました。

顧問の渡辺彰秀先生に感想をいただきました。
「 今大会、男子の個人戦Bクラスは、全国大会につながらないが、上位はAクラス入りを目指す実力のある選手が全道から集まります。3人とも厳しい対局になりましたが、最後までよく頑張ったと思います。女子個人戦は、2人とも勝ち星を挙げました。また、審判長の先生からも懇切丁寧な指導対局を受けることができ、有意義で貴重な経験を積むことができたと思います。
5人の生徒が出場した大通高校は、全道でも2番目に多い出場数でした。また、女子が2人出場できたことは特筆すべきことです。残念ながら、本校は女子部員があと1人足りず、全国大会の団体戦への出場の可能性を逃してしまっただけに、顧問として惜しい気もしました。

終日、囲碁漬けの時間を送り、精一杯力を試し、今後の棋力向上につながった大会になったことでしょう。また、他校生徒との交流や指導対局が受けることができたことなど意義ある大会参加になったと思います。」

男子個人戦3位に入賞した西浦大貴くんにインタビューしてきました。

Q.大会を通しての感想を聞かせて下さい。
A.自分の強いところと弱いところが見えた大会になりました。結果として3位に入賞することもでき、うれしかったです。

Q.次の大会への抱負を教えてください。
A.次は囲碁ではなく、将棋の大会に出場しようと思っています。部の中ではあまり強いほうではないのですが、勝ち星を挙げられるようにがんばりたいです。

Q.今後の目標を聞かせてください。
A.現在ぼくは囲碁5級、将棋4級なので、どちらも1級を取得したいです。可能ならば初段まで取りたいです。

級を上げるのは大変なことだと思いますが、目標が叶えられるようにがんばってほしいです。陰ながら応援しています。

お忙しい中、取材に応じてくださった渡辺先生、西浦くん、ありがとうございました!

以上、だいちでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です