ホストファミリー制度について

こんにちは、つっきーです。今回は、大通高校のホストファミリー制度についてお伝えします。

ホストファミリーとは?
海外から来た留学生が日本にいる間、ホテルではなく一般家庭に泊まることがあります。
その留学生を受け入れてくれる家庭のことを、『ホストファミリー』といいます。

大通高校には、毎年7月頃にアメリカから留学生が来ます。その留学生は2週間ほど札幌に滞在し、市立高校をまわります。現在は、その期間に滞在する家を募集しています。

~ホストファミリーへの登録条件~
・毎日、きちんと学校に来ている人
(※留学生は受け入れ生徒と同じ時間割にそって授業を受けます。)
・食事や生活面のサポートができること
・個室を用意できること
・土曜、日曜などの休日に、観光の案内などをできること

など、大きな条件は上記の通りですが、このほかに細かい条件があります。

登録申し込みの第一次締め切りは5月26日(金)です。
申し込みしようか考えている人は、担当の金森先生、信田先生、天野由美香先生に話を聞きに行ってみてください!

最後に、取材を受けてくださった天野由美香先生から一言頂きました!
「英語が話せなくても、外国の文化などに興味がある人はぜひ応募してみてください!」

以上、つっきーでした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です