ホストファミリー登録制度について

みなさん、お久しぶりです!
僕はこの度めでたく二年次にあがったこっしーこと越前です!!!
みなさん、僕がブログを更新していない間、お元気でしたでしょうか?

さて、今回は英語教諭の佐藤千恵子先生の取材協力のもと、「ホストファミリー登録制度」について、お知らせしたいと思います!

始めに、「ホストファミリー」とは、いったいなんだ?と思っている方もいることでしょう。まずはその説明からしたいと思います。
ホストファミリーは、英語でHost=おもてなしするという単語から、「おもてなしをする家族」という意味だそうです。
そのことから外国から日本に来た高校生を家に招いて日本の文化などを学んでもらうという事だそうです。

そして、「ホストファミリー登録制度」とは、約4年前から始まっており、学校の中にある「多文化交流会議」という所で行っていることで、ポートランドにあるグランド高校と交流を持ち、7月に留学しに来たときにその高校生の宿泊を受け入れられる。という約束をする制度だそうです。
ちなみに、大通高校からも毎年3月にポートランドに交流しに行っていて、去年は我々メディア局から現在卒業された近田先輩が行きました!(去年の3月頃のブログを見ると、その様子がうかがえるかと思いますよっ)

今回の取材を通して、取材を受けて下さった佐藤千恵子先生は、
「この制度を通じて、外国の方と異文化交流をすることによって、自分の文化を見直すきっかけになると思います。ぜひ積極的に他国との交流を図ってみて下さい。」
とのことでした。取材に協力して下さった佐藤千恵子先生。ありがとうございました。

最後に、
この制度は、外国人と交流を持ちたい…!!!
という方にはうってつけの制度ですので、ぜひ親御さんと相談のうえ、ホストファミリー登録制度を申請してみてはいかがでしょうか?

以上!2年次のこっしーこと越前でした~(^▽^)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です