12月10日ミツバチ越冬

みなさんこんにちは! 松田です。

今回は、12月10日に行われた蜂箱の移動、ミツバチ達の越冬についてお知らせします。

ミツバチ達はこの日で大通高校の5階からいなくなり、校舎の外の体育倉庫に移動されます。

なんのために、移動するのか?

 
それは、越冬のためです。本来、女王バチは冬には卵を産まなくなります。しかし、そのままにしておくと活動してしまい、活動すればするほど寿命が短くなります。
そのため、春になってから動けるように室温変化が少ない場所に3月まで移動させておくのです。

ミツバチが移動した体育倉庫は、ドアはあるものの屋外にあるため室内も0.2度と屋外と同じくらいの寒さでした。
このように、ドアに水色の断熱材を貼っています。

 

これで、今年はミツバチ達とはしばらくの間お別れです。
次の内検は、3月11日からになります。新年を迎えてから、やっとミツバチに会えるんですね!

以上、松田でした!


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です