サークル・ザ・ワールドに参加してくれたALTと留学生たちにインタビュー!

先日10日(土)、異文化理解を深めるための交流会、サークル・ザ・ワールドが行われました。その時、私は英語を話せるということで大勢の外国人の参加者の何人かをインタビューしました。今回インタビューさせていただいた方々は、ALT4人。大通高校のポートランド留学プログラム初代留学生でもある、ポートランド出身のレイチェル。札幌初のフィリピン出身のALT。弁護士兼ALTのイギリス出身のウィル。プロのラテンダンサーの活動休止している間にALTの仕事をしている、ニューヨーク出身のガリー。そして海外留学生2人、チリ出身のハヴィーとマレーシア出身のマイサーラにも取材の許可をいただいた。

サークル・ザ・ワールドの閉会式後、6人をDORIスペースに集め、みんなでベンチに座りました。インタビューを始める前、私がカバンの中から録音機を取り出すと、隣に座っていたハヴィーはものすごく小声で、「ミッキーマウスみたい」と呟きました。それを聞いた私は録音機を改めて見ると、先端の両端には黒くて丸いマイクが一つづつ付いていたので、少し納得しながら「今、もしかしてこれをミッキーマウスみたいって言った?」と尋ねると、彼女は恥ずかしそうに頷き、全員笑いながらインタビューを始めた。

ーいつ日本に来ましたか?

ガリー:僕は3ヶ月前に来たよ

私:あ、じゃあまだ日本の初心者なんですね(笑)

ガリー:そうだね(笑)8月からだから

私:日本での生活はどうですか?

ガリー:とても楽しんでるよ。札幌も好きだし、ここに来ることになって嬉しいよ。とても穏やかでリラックスした環境だけど、(こういった)積極的に参加できるイベントもあるから、気に入ってるよ。今の所はね(笑)
ウィル:俺は2017年の8月から札幌にいるから…そうだな…1年と3ヶ月くらい?今の所は気に入ってるよ(笑)

レイチェル:私は2016年の8月からいるから、2年と3ヶ月。とても楽しんでるわ。始めは寒さに負けると思ってたから、最初の1年は雪のために自分のライフスタイルを変えるのが大変だったけど、今は慣れきてるから冬が過ごしやすくなったわ。

私:私は生まれてからずっと北海道にいるんですけど、北海道の冬はなかなか慣れないですよ(笑)ジョージアさんはいつから日本にいるんですか?

ジョージア:私もガリーと同じく3ヶ月前からいるから、まだ初心者よ(笑)札幌は好き。私の出身のマニラとはいろんなところが全然違うけど。気候も違うから寒さに慣れてなくて…今年の冬が人生初の冬だから、雪も初めて見るの。イェーイ(笑)

マイサーラ: 私たち(留学生)は7ヶ月前くらいに同じタイミングで来て、あと3ヶ月くらい残ってる

私:札幌を離れてからどうするの?

ハヴィー:チリに戻って、勉強をする

マイサーラ:マレーシアに帰って、大学に受験申し込みをする。もうそっちでは昨年に高校卒業してるから

私:あ、じゃあ先輩なんですね!

マイサーラ:そう、センパイ(笑)

ー札幌の好きなところはなんですか?

ウィル:俺が先に行くよ。食べ物だね。ダントツ。(笑)ここの食べ物大好き、愛してる。特にスープカレーとかラーメンが好きだな。あと、ジェン…ジェンギスカン?
レイチェル:私も毎回発音の仕方を変えちゃう(笑)

ウィル:だよな、ジンキスカーンとか

ウィルとレイチェル:チンギス・カン(笑)

ウィル:他の人は?

ガリー:僕も真似して食べ物が一番好きっていうよ。(笑)日本中の食べ物が好きだけど、でも特にここ北海道の食べ物は、他の地域よりもっと新鮮な味がする気がする。僕は豊平川沿いに住んでるから綺麗な景色もいつも満喫してるよ。
私:そうなんですね! じゃあ今年の花火は見ましたか?

ガリー:見たよ。すごく美しかった!

レイチェル:その自然の話に便乗すると、私は札幌の自然が一番好きだわ。週末には都会を離れて、定山渓や小樽に行ったりするの。特に今は紅葉がとても綺麗だから、札幌を探検するのが好きだわ。

ジョージア:私も食べ物が好きだけど、そのほかには今勤めてる学校も大好きだわ

全員:
わあーーすてき〜〜〜

ジョージア:生徒たちもすごく優しいし、先生方も歓迎してくれてるから、今の学校にいれてすごく幸せ!

ーALTの仕事をしてて一番楽しい部分と一番大変な部分はなんですか?

ウィル:一番大変な部分は…いつか必ずさよならを言わなといけないってわかってること。ずっと同じ学校に所属できないし、生徒たちと絆を築いたのに、遠いイギリスに戻らないといけないからすごくさみしいよ。楽しい部分は多分…生徒個人個人が持ってる、英語に対する考え方に影響を与えることができることかな。ALTとして、生徒の英語に対するネガティブな気持ちをポジティブに変えることができた時に、一番やりがいを感じるな。

ガリー:一番大変な部分は…日本の教育制度の教授法は、僕が慣れている教授法と違うところかな。例えば、僕が日本語をアメリカの学校で勉強するとしたら、日本語オンリーで全部教えられ、自力で理解しようとせざるを得ない環境に置かれると思う。でも日本の学校では、まだ一校にしか行ったことないからわからないけど、英語は主に日本語で教えられてるから、僕が言ったことは先生に通訳される、アプローチが違うっていうことを受け入れるのが難しいな。一番楽しいところは…僕はアメリカでも学校の先生として働いていたから、子供と接するのは好きだったけど…ここでは、文化の違いのせいか、教室の中と外で築く生徒たちとの絆がより特別に、より貴重に感じる。まだ3ヶ月しか経ってないから、これからもっと「一番楽しい部分」のリストが長くなることを楽しみにしてる。

ー(留学生に向けて)なぜ日本で留学しようと思ったんですか?

マイサーラ:実は、修学旅行とか交換留学で何回か日本に遊びに来たことあるの。でも交換留学をした時、当時はまだ高校在学中だったから一年間じゃなくて1ヶ月間しか滞在することができなかったの。だから高校を卒業した後、まだ大学の専攻を何にしようか迷ってたし、日本語や日本文化に興味があったから、一年間日本にいようかなと思って。

私:さっき日本語を話してるの聞こえたけど、すごく上手だったよ!

マイサーラ:(日本語で)いやいや、まだまだ(笑)

私:(日本語で)ほんとに上手だよ!

マイサーラ:ありがとう(笑)

ハヴィー:実は最初は留学したい国の候補が3つあったんだけど、日本が第三希望だったの(笑)でも幼少期の時に日本文化がすごく好きだったんだよね。それで去年日本人の女の子が私の家でホームステイして一緒に生活するようになってから、また日本への愛が芽生えて、日本が第三希望から第一希望に変わって、今に至ったの。

私:へえーそうなんだね、今でも第三希望じゃなくてよかった(笑)子供の頃は日本の何が好きだったの?

ハヴィー:母親がアニメのファンで、よく一緒に見たりしてたの。それから、日本人の喋り方がすごく好きになって、日本語に興味を持ち始めたの。その時に日本語は文字が3種類あると知って、「日本人は一体どうやって全部それを頭の中に入れてるんだろう?!」と思った(笑)

私:文字が3種類あって大変だよね。(笑)他の皆さんは大丈夫ですか??

全員一斉に:No(爆笑)

私:日本人にとっても日本語は難しいので、外国の方々どうやってそんなに早く上手になるんだろうといつも思ってて

ガリー:早いかどうかはわからないけど、自分たちは頑張ってるよね?(笑)

全員:そうだね(笑)

ー今日楽しかったこと、思い出に残ったことはなんですか?

マイサーラ: 私は、昼ごはんを食べる時が一番好きだったかな

全員:(爆笑)

マイサーラ:自由時間がたくさんあったから、いろんな人と話すことができたのが良かった。アクティビティも楽しかった!

ハヴィ:いろんな国から来た人と話せたし、やっと久しぶりにスペイン語で話せたからそれがすごく嬉しかった!

ガリー:僕はラテンダンスのワークショップで先生を担当したんだけど、生徒はみんな興味津々で、エネルギーいっぱいで、積極的に参加してくれたからよかったよ。思ったほどシャイじゃなかったし、僕が教えたダンスステップをちゃんとやってくれてたから、僕の文化の一部であるものを楽しんでくれてると感じて嬉しかったよ。日本にくる目的の一つは異文化交流だったから、大通高校にこういった機会をいただいて感謝してるよ。

ウィル:最後のマカレナはすごく楽しかった(笑)

ガリー:おおー!(笑)(ウィルとハイタッチ)

ウィル:普段あまりダンスはしないんだけど、それはすごく楽しかった。生徒たちも特に夢中になってゲンキに踊ってたし、楽しかったよ。このイベントに参加するのは2回目だから、前回会った生徒たちとまた再会して話すことができて嬉しかったよ。

レイチェル:そうだね…今日は楽しいこといっぱいあったわ!今回が3回目なんだけど、今回も楽しい時間を過ごせたわ!生徒たちとカラオケで「USA」を歌うのも楽しかった。トビタテのプレゼン発表の時は日本の生徒たちが海外に行ってどういう思いをしたのか聞いて、同じ留学経験者として共感できる部分もあったけど、日本にくる外国人の高校生の視点しか知らなかったから、逆を聞けて面白かった。しかも大通高校の生徒はたくさんの国に行ってるから素晴らしい!

ジョージア:私もウィルと同じでマカレナダンスがすごく楽しかった!私もあまりダンスはしないけど、マカレナはフィリピンでもとても人気だから、少し地元に帰った気分になった。それと、日本の高校生はとても勉強熱心でいつも大変そうだから、気を楽にしてイベントをエンジョイしてる姿を観れたのがよかったわ。

ー最後に、日本にいるうちにやってみたいことや達成したい目標はありますか?

マイサーラ:マレーシアには四季がないから、今年初めて冬を体験したの!3分間くらいだけ綺麗だと思って、そのあとすぐ嫌になったけどね(笑)

全員:わかる!(爆笑)

私:写真を撮り終わってからはもういいって感じだよね(笑)あるある

マイサーラ:でも後3ヶ月あるから、できれば真冬でのスキーに挑戦して観たい!

ハヴィー:後3ヶ月しかないから、日本語の勉強をもっとしたい!

ガリー:日本語を流暢に話せるまでにはならなくていいけど、楽に自分の気持ちや考えを伝えれるようになりたい

ウィル:ウィンタースポーツがすごく好きだけど、イギリスには雪がないからまたこれからスキーするのを楽しみにしてる。それと、日本の南まで旅に行ってみたい。九州とか沖縄とか?北海道の真逆はどんな感じか見てみたい!

レイチェル:今持ってる一番大きな目標は、日本語能力試験のN1を合格すること!N2は合格してるから、次はN1に挑んでみたい!

ジョージア:まずは、日本語を勉強するモチベーションを作ること(笑)。日本に来て3ヶ月経ってるけど日本語の勉強の本を1回しか開いてないと思う!それと、私も沖縄に行ってみたい。沖縄の文化の方が、フィリピンに近い気がして。日本は地域によって文化が大きく異なることにすごく興味があるから、旅をして自分で見てみたい!それと、日本一のラーメン屋を見つけたい(笑)

全員:おおーそれしたい!

私:見つけたら是非私に教えてください!

全員:(爆笑)

 

以上、サークル・ザ・ワールドに参加したALTと留学生達とのインタビューでした!長い時間、インタビューに参加していただきありがとうございました。とても楽しかったですし、日本、そして札幌への愛が伝わってたので嬉しかったです。是非また大通高校に遊びに来てください!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です