定体連 男女バレーボール部

皆さんこんにちは! 3年次の徳ちゃんと1年次のあげです。

今回は男女バレーボール部、定体連の取材をしてきました。

 

定体連とは北海道高等学校定時制通信制体育連盟の略です。

男女バレーボール部は、5月26日(土)に琴似工業高等学校で行われた石狩支部大会を勝ち抜き、6月16日(土)に旭川市の忠和公園体育館で行われた北海道予選大会に出場しました。

 

石狩支部大会はあげが、北海道予選大会は徳ちゃんが取材してきました。

 

 

最初に、5月26日に行われた石狩支部大会の結果を報告します。

 

男子は対戦相手の飛鳥未来高校の選手がケガで出場できなくなったため、優勝となりました。

 

女子は1回戦で有朋高校と対戦し、2対0で勝利しました。

2回戦で飛鳥未来高校と対戦し、0対2で敗北しました

 

試合前には、Aクイックとバックアタックの練習を重点的に行い、本番でもそれを活かせたそうです。

 

 

続いては、6月16日に行われた北海道予選大会の結果を報告します。

 

男子が1回戦でニセコ高校と対戦し、1対2で敗北しました。

2回戦では飛鳥未来高校と対戦し、0対2で敗北しました。

 

1回戦は3セットとも接戦で、とても惜しい試合だったそうです。

 

女子は1回戦で飛鳥未来高校と対戦し、0対2で敗北しました。

3位決定戦で有朋高校と対戦し、2対0で勝利しました。

 

3位決定戦では、キャプテンの山田さんが20点連続でサーブポイントを決めたそうです。

ネット際の球に対しても、以前よりもうまく返せるようになり、とてもいい試合運びができたそうです。

IMG_5434IMG_5424

女子バレーボール部は、北海道予選大会で3位になり全国大会への出場権を獲得しました。

女子バレーボール部の皆さん、おめでとうございます!

全国大会でもいい結果を残せるよう、僕も応援したいと思います!

 

以上、徳ちゃんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です