大通高校の入試について

こんにちは、つっきーです。今回はもうすぐ行われる、大通高校の入試についての話をしたいと思います。

大通高校の入試は2種類あります。
2月に自己推薦入学者選抜、3月には一般入学者選抜が行われます。

自己推薦というのは今までの努力の積み重ねということで中学校での頑張りを見る受験の方法です。
自分は今までこんな経験・努力をしてきたので、この学校に入ったら私はこんな風にがんばれます!と自分を推薦するということで意欲が評価される受験なんです。

自己推薦入試は、学力に不安がある人や、大人になってから高校に入ろうとする人なども合格できる可能性がある、ということにつながっています。
入試の方法は作文と面接の2つで学力検査はありません。

自己推薦書という自分の頑張りをアピールするための書類と、中学校から提出される調査書が必要です。

一般入試は学力検査と面接の2つで評価される試験です。
1日目に学力検査、2日目に面接、というように2日間にわたって行われます。

学力検査の教科は国語数学理科社会英語5教科です。

入試の日程
自己推薦:2月13日(月)
一般入試:3月の7日(火)8日(水)の2日間

日程や時間を間違えると、大変なことになるので気を付けてください!

そして、H29年度の入試の倍率が発表されました!
大通高校のH28年度の入試の倍率は札幌市の中でも高かったようですが、どうでしょうか……

IMG_5001

午前部、午後部の倍率は1.7倍、夜間部の倍率は0.5倍とのことです。
午前部と午後部はなかなかの高倍率のようですね……

大通高校への入学を考えているみなさん、合格目指して頑張ってください!!

以上、つっきーでした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です