カテゴリー別アーカイブ: 部活動

卓球部の新人戦がありました!

皆さんこんにちは! ゆらです!

札幌は11月になり寒くなってきましたね。このブログを読んでる人達は風邪に気を付けて下さいね。

さて、今回の報告は僕がメディア局と兼部している卓球部の北海道高等学校定時制通信制体育連盟卓球新人大会の結果報告です!

IMG_2735

まず始めに団体戦の報告です!

男子団体…優勝

女子団体は、大通しか団体がなかったため、団体戦はありませんでした。

次に個人戦の報告です!

男子個人…【準優勝】渡邊さん 【3位】 戸耒さん 【ベスト8】追越さん 中西さん

女子個人…【優勝】梶川さん 【準優勝】天内さん 【3位】今泉さん

という結果でした。

 

顧問の細井先生にこの結果を伺ったところ

「これで、6連覇なので可能性に挑戦したい!」とのことでした。

 

僕は先輩方の様にいい結果を残せてないので、これからの練習で限界突破して自分の可能性に挑戦したいと思います!

以上ゆらでした。


北海道太鼓ジュニアコンクールに和太鼓・伝統芸能部が出場決定!

お久しぶりです。れいです。

和太鼓・伝統芸能部が日本太鼓ジュニアコンクール北海道央支部大会で見事基準点を満たし、見事次のコンクールに出場が決定しました。今回は和太鼓・伝統芸能部の顧問である渡部成江先生に取材してきました。

 

今回、和太鼓・伝統芸能部が出場した支部大会では5年~10年と長期間にわたり和太鼓に力を注いできたチームが大半の大会でした。

会場は北海道開拓の村。開拓の村では3台の大太鼓が用意されていたそうで、和太鼓・伝統芸能部はこの大太鼓と持参した太鼓を使い、演奏曲「大地」を演奏したとのことです。

この「大地」という演奏曲の作者は顧問の渡部先生の和太鼓の師匠であり、更に北海道には数人しかいないという日本太鼓財団一級公認指導員というとてもすごい人との事です。

 

また和太鼓・伝統芸能部は今年から新しく新調した衣装を着ていたそうで、衣装のデザインは渡部先生と先生の知り合いの芸術家の先生が担当しているとの事だそうです。

次の大会である北海道太鼓ジュニアコンクールでは、計25チームが参加・演奏するとの事です。この大会は12月3日に岩見沢市民会館「まなみーる」大ホールにて行われます。

興味があれば是非訪れてみたらどうでしょうか?

以上、れいでした。

1022Jrコンクール道央支部予選本番


バレーボール部の新人戦がありました!

お久しぶりです、徳ちゃんです!

10月21日に札幌北高校で行われた大通高校男女バレーボール部新人戦が行われたので結果報告をしたいと思います。

 

男子バレーボールの出場校は大通高校と飛鳥未来高校の2校でした。

結果は0対2で敗退となりました。

女子バレーボールの出場校は大通高校、月寒高校、飛鳥未来高校の3校でした。

結果は第二試合で札幌月寒高校と対戦し2対0で勝利、第三試合では飛鳥未来高校と対戦し0対2で敗退となりました。

 

最後に女子バレーボール部のキャプテンと顧問の藤井先生に、試合全体を通しての感想を頂きました!

 

キャプテン「限られた練習時間の中でも、必死に練習をしてバレーを楽しめていたと思います。試合でも最後まで諦めずにしっかりボールを繋いで、チーム全員で支え合うことが出来ました」

藤井先生「練習時間は限られていますが、もっと練習をして挑めば更にいい結果になったかと思います。ですが部員1人1人の技術は着実に上がってきているので、次の試合ではそれを活かしてチーム全体で繋げるバレーができれば更なる高みを目指せると思います。今回は自分達より上の年次が多く、経験に差がある相手でしたがよく頑張ったと思います」

IMG_2726IMG_2709

ありがとうございました! これからもバレーを頑張ってください!

以上、徳ちゃんでした。


男女バスケットボール部新人戦!!!

お久しぶりです! にわっちです。寒くなってきましたね~。みなさん体調管理をしっかりしてくださいね。

 

今回のブログは、10月21日~10月22日に大通高校で行われた、男女バスケットボール部新人戦の大通高校の結果報告です!

 

男子バスケットボール部結果

1回戦は星槎国際高等学校と対戦し65対33で大通高校が勝利しました。

 

次に準決勝ではクラーク記念国際高等学校 札幌大通キャンパスと対戦し50対53で惜しくも敗退。

 

最後に3位決定戦で北海道札幌北高等学校と対戦し52対37で勝利しました。

 

結果は第3位でした。

 

女子バスケットボール部結果

出場校が大通高校だけだった為優勝となりました。

 

最後に宮崎純也先生と伊藤史也先生に大会全体を通しての感想を聞きました!

 

宮崎先生「女子については大会運営をよく頑張りました。男子については来年の5月まで大会はありませんが、今胸の中にある悔しさをどれだけ維持して学校生活や練習に励むことが全国への道の鍵になると思います」

 

伊藤先生「大通高校男女バスケ部として過去を振り返り、変化が求められた大会でした。バスケット選手である前に一人の高校生として何が必要なのか。そしてバスケットを通してどう進化するのか。自分以外の他者の存在に気づき、思いをめぐらすことが大切なのです。

試合の内容については、あえて触れません。夏の支部大会に引き続き、僅差で負けたことが現実です。何かを変えなければ、この差は埋まりません。勝利への近道は、練習することです。

これから目指すべき姿を今年卒業する先輩達が示してくれました。最後まで走り続ける姿、部活と進路実現を両立する姿を後輩たちは忘れてはいけません。チーム大通として男女共に切磋琢磨し、さらに高みを目指していきましょう」

IMG_1718

宮崎先生、伊藤先生、取材にお応え下さりありがとうございました!

自分もメディア局員として失敗などを通して成長していければなと思います!

 

以上、にわっちでした!


だい・どん・でん

皆さんこんにちは! たーちゃんです。

今回は和太鼓・伝統芸能部が参加した「だい・どん・でん」についてお伝えします。

 

和太鼓・伝統芸能部の顧問 渡部成江先生にインタビューしてきました!

 

Q. そもそも「だい・どん・でん」とはどんなイベントなんですか?

A. 札幌の中心部、大通の一部を歩行者天国にして行うイベントでまちの文化祭と呼ばれています。元々は世界中の大道芸人が集まるイベントだったのですが、今は児童会館が参加するなど、地域に密着した発表の場となっています。9月16日、17日の2日間で行われ、和太鼓・伝統芸能部は16日のオープニングの演奏をさせて頂きました。

 

Q. どのような曲を演奏したんですか?

A. 「大地」「やまびこ」「北海屋台囃子」の3曲です。

メンバーは今年から始めた人4人、2年以上が4人で私も参加しました。

 

Q. 感想を教えてください。

A. 思ってたよりもたくさんの人が見に来てくれて、とても驚きました。高齢者の方が声をかけてくれたり、外国の方にスマホを向けられたりもしました。

そして今回の演奏は屋外でしたので、学校の体育館のように響くのではなく、音が空に抜けていきました。いつもと違う響に不安になることもありましたが、いい経験になりました。

 

渡部成江先生ありがとうございました。

和太鼓・伝統芸能部の演奏は毎回迫力があり、空気が震える素晴らしい演奏ですよね。

「だい・どん・でん」も聞きたかったです。次の演奏が楽しみですね!

 

以上、たーちゃんがお伝えしました。

 


ミニ大通お散歩まつりに美術部が出展しました!!

こんにちは、つっきーです。今回は、ミニ大通お散歩まつりに美術部が出展したことについて、美術部の顧問である友野先生に取材してきました!

ミニ大通お散歩まつりとは?
桑園地区にある歩行者専用道路・公園であるミニ大通で開催されている、地域の住民の交流を目的としたお祭りです。様々なイベントや、食べ物の販売を行っています。

大通高校美術部は今年で6回目の出展になりました!

美術部が出展したのは「樹上展」です。樹上展では、作品を樹の上に置いたり、枝につるしたりして展示を行っています。その関係で重い素材を使った作品は作れず、軽い素材である紙やビニールで作成しています。今年は、「てるてるぼうず」をテーマに、部員がそれぞれオリジナルのてるてるぼうずを作成しました! お祭りの当日は雨が降ることが多いそうで、そこから着想を得た部員の提案だったそうです。

IMGP7698
↑学校祭での展示の様子

最後に、友野先生に来年も出展することになったら? と聞いてみました。
「来年も出展することになれば、違うテーマで作品作りをするのもいいですが、同じテーマでもっといい作品を作れるように頑張るのもいいと思います」

以上、つっきーでした!


市立総文体(吹奏楽・合同合唱)

みなさんこんにちは! たーちゃんです。

今回は札幌市立高等学校総合文化体育大会の吹奏楽部問、合同合唱部門についてお伝えします。

この大会には吹奏楽部問4名、合同合唱部門1名、その他学校紹介で1名参加しました。

 

☆吹奏楽部顧問、森先生へのインタビュー

 

Q. 今回演奏した曲は何ですか?

 

A. 吹奏楽は「上を向いて歩こう」(中村 八大作曲)

合同合唱では「サルヴェ・レジーナ」(プーランク作曲)です。

 

Q. 大会に出た感想を教えてください。

 

A. 集中力のあるいい演奏でした。

開会式では岡田さんが吹奏楽部に加え、他の部(遊語部と和太鼓・伝統芸能部)の紹介もおこなったのですが、とてもよかったです。

 

Q. 最後にこれからの活動予定を教えてください。

 

A. 学校祭のステージで「上を向いて歩こう」と「前前前世」を演奏します。

「前前前世」では先生方も参加するので、とても盛り上がると思います。

 

 

☆吹奏楽部部長、4年有野さんへのインタビュー

 

Q. 大会に出た感想を教えてください。

 

A. 個人的な反省点は沢山ありますが、全体的には良かったです。

今年で最後のメンバーが3人いたので、4人で演奏できてうれしかったです。

 

Q. 学校祭への意気込みなどはありますか?

 

A. 今回は先生方も参加するので、いつもより盛り上がると思います。

とても楽しみです。

 

私は合同合唱で参加したのですが、他校の皆さんは上手で全然レベルが違い、とても貴重な体験になりました。来年も機会があれば、がんばりたいです。

以上、たーちゃんでした。

 


文芸部が高文連に参加しました!

こんにちは! 二年次のゆーとです!

学校祭の準備で忙しくなりつつあるメディア局ですが、頑張っていきたいと思います!

今回は高文連に参加した文芸部の結果をお伝えします。

文芸部が参加したのは『石狩支部大会 文芸研究会』です。

この大会では他校の生徒と交流をかねた小説や詩の合評をする分科会や、実際に小説家や詩人の方が来て下さって講演なども行うそうです。今回の講演は詩人である文月悠光さんがいらっしゃったそうです。

そして、気になる結果はなんと! 四年次の成瀨さんが優秀賞でした!

受賞した成瀨さんに取材してきました。

 

『司会の生徒さんがとても明るい方で、分科会や学校毎の部活紹介もとても楽しげな雰囲気でした。中でも講演と他校と行った詩の分科会がスランプ気味だった詩への考え方を変えてくれたので、とても救われました。後輩達にはぜひ賞を取って欲しいですが、大会に出る事に意味があると思うので、これからも頑張って大会に参加して欲しいです』

とのお話しでした。

IMG_2598

ちなみにですが、僕は文芸部でもあるので、この高文連にも参加しました!

残念ながら賞は取れなかったのですが、とてもためになる話が多く、有意義な時間でした。

また来年も参加したいです!

 

以上、ゆーとでした!


囲碁将棋部夏の大会

皆さんこんにちは、3年次の神田です。

今回は8月9日に札幌南高校で行われた高文連石狩支部囲碁将棋夏季大会に囲碁将棋部が参加したので、このことについて書いていきたいと思います!

この大会は全道や全国大会に繋がる大会ではなく、研修の意味合いが強い大会になっていて、将棋は段・級・位認定が含まれる認定大会が含まれていました。
大通高校からは囲碁は5名、将棋は6名の生徒が参加しました。

実際に囲碁は高文連囲碁専門部が古川こんゆプロと言う弘前大学でも指導しているという本当にすごいプロ棋士を呼び生徒と指導対局したそうです。
また、将棋は生徒3名が野月浩貴プロと指導対局しました。段級位戦では2年次の高津さんは初段認定、4年次の石井さんは7級認定となりました。

最後に、顧問の渡辺彰秀先生に感想をいただきました。

「今回の大会でプロから学ぶチャンスがあってとてもよかった。まだまだ、囲碁の部員が少ないので部員大募集です!」

とのことでした。

次の大会は9月24日に北広島西高校で将棋は全道・全国に繋がる石狩支部秋季大会が行われるので頑張ってほしいですね!

以上、神田でした。


女子バスケットボール部 全国出場!

こんにちは! みずきです!
今回は、大通高校の女子バスケットボール部が全国大会に出場したので、結果をお伝えします。

IMG_7061

大会の正式名称は『平成29年度全国高等学校定時制通信制体育大会第27回バスケットボール女子』で、7月31日~8月3日に東京体育館で行われました。
1回戦は滋賀県代表の高校と試合を行い、52-43で大通高校が勝利しました。
2回戦は富山県代表の高校と試合を行い、60-22で大通高校が勝利しました。
そして準々決勝で東京都代表の高校と試合を行い、32-77で惜しくも敗退。
結果は全国ベスト8でした。

今回の大会について女子バスケットボール部顧問の伊藤史也先生にお話を伺いました。

Q.今回の大会に向けて努力してきたことは何ですか?
A.自分たちのチームカラーを表現することです。チームカラーはチームの特徴のようなもので、今年は『1人1人が全員で頑張る』をチームカラーにしています。

Q.大会当日、部員の皆さんに緊張した様子などは見られましたか?
A.普段と違う様子はありませんでした。というのも、全国大会に出場するのは今年で3回目で、今の3年次が3回目の出場だったので緊張も少なく、逆に慣れた環境で試合ができたと思います。

Q.今回の試合全体の感想をお願いします。
A.それぞれの試合で活躍する生徒が現れたので、『チーム全体で頑張る』というチームの良さを発揮できたのではないかと思います。

Q.今回の試合内容や結果を踏まえて、これからの課題は何ですか?
A. 10月に新人戦という大会があり、今回の悔しさやできなかった部分を取り返すチャンスなので、それに向けて頑張って欲しいです。

Q.最後に、応援してくれていた生徒の皆さんに一言お願いします!
A.大通高校は部活動を含め色々な挑戦する場を用意しているので、是非活用してください。

伊藤先生ありがとうございました。

私も中学校のときは運動系の部活動に所属していて大会独特の雰囲気の中で自分らしく戦うことの難しさを知っているので、全国大会という大きな大会で自分たちのチームの良さを発揮できたという部員の皆さんは本当にすごいと思いました。
女子バスケットボール部の皆さん、お疲れ様でした!
次の新人戦でも、今回の課題を活かして頑張ってください!

以上、みずきでした!