丹羽航大 のすべての投稿

西アフリカのガーナへ...

皆さんお久しぶりです。にわっちです。

 

今年度初ブログです! 最近僕は受験に向けての勉強や、オープンキャンパスに行くなど、忙しい毎日を送っています!

というのはまぁ置いときまして、

 

今回は、『トビタテ! 留学JAPAN』の4期生3年次高宗民(ゴ ジョンミン)さんに留学直前インタビューをしてきました!

 

Q.どこの国に行きますか?

A.西アフリカのガーナに行きます。

 

Q.なぜその国に行きたいと思ったのですか?

A.アフリカに行ったことがないからと、ガーナの児童労働の問題を見てみたかったからです。

 

Q.ガーナに対する印象を教えて下さい。

A.ガーナは日本と距離的、関係的に遠いように思っていました。しかし、調べてみると実は野口英世がガーナで黄熱病の研究をやっていて、探してみると日本との関係性があるのだなと思いました。

 

Q.留学前の準備で大変だったことはなんですか?

A.アフリカに行くための8種類のワクチンを接種すること、ビザの申請で英文の書類を大使館に送るのが大変でした。

また、現地で子供たちに授業をするのですが、授業の計画を現地の人と英文でやり取りしなければならなかったので、自分が教育実習生になったような気持ちになりました。高校生の中でこういった体験させて頂けることに感謝ですね。

 

Q.留学でどんなことをしたいですか?

A.忙しかったため、事前学習が足りなくてガーナという国がどんな国なのか知らないことだらけなのですが、現地の学校での学び方、子供たちはどのようなことを考えているのかに触れてみたいなと思います。

 

Q.最後に『トビタテ! 留学JAPAN』が気になっている、応募したいという生徒にメッセージをお願いします。

A.トビタテ生になると学校や地域の枠組みを超えて、他のトビタテ生と繋がることが出来ます。

トビタテ生は一人一人が情熱的であって自分らしさを持っているので、そこに刺激されて自分のモチベーションが上がります!

また、『トビタテ! 留学JAPAN高校生コースは英語力よりも熱意や独自性を評価しているので自分の思いがある人は努力したら絶対受かると僕は信じています。積極的にチャレンジしてみてください!

 

留学する期間は7月7日~8月4日だそうです。

 

ジョンミンさんの留学が成功することを僕は願っています! 日本に帰ってきたら色々な話が聞けると思うので話せたらなと思います。

ジョンミンさんお忙しい中取材を受けて下さりありがとうございました。

 

以上、にわっちでした!

 

IMG_6582


PTA広報誌が発行されました!

こんにちは! にわっちです! 今年度が終わり、そして春休み! いかがお過ごしでしょうか? 僕は家で勉強しています。

今回のブログは、PTA広報誌のミナミナが発行されたので、それについて紹介していきたいと思います!

PTA広報誌のミナミナでは、宿泊研修、修学旅行、学校祭などの写真や、年次茶話会の様子、第一回市立札幌大通高等学校第一回同窓会についてなどなど! 様々な事が載っています。

また、今年度は大通高校開校10周年を記念した、特別対談もあるんです!!!

 

IMGP7622

もう少しで来年度が始まります! 春休みの間に来年度に向けた準備をしていきましょう!

以上、にわっちでした!!


卒業生の進路 まりな先輩編

みなさんこんにちは! にわっちです。今回はメディア局員のまりな先輩の卒業後の進路についてインタビューしてきました!

 

Q 進学ですか? 就職ですか?

A 進学で、「北海道情報専門学校」の大学併修科に進学します。

 

Q 進路を選んだ理由を教えてください

A 看護とITで悩みました。今後の事を考えるとコンピュータが活発になる時代になると思ったので、ITを先に学ぼうと思いました。それに加えて、今後二十年後に無くなる仕事を調べるとITの仕事が残るので選んだというのもあります。

 

Q これから進路を考える後輩たちに一言お願いします!

A やりたいことがあるなら早めに学校や就職先を決めてください。もしやりたいことが無いなら、これは嫌だ、あれは嫌だと消去法で考えていくと、自分がやりたいことが見つかると思うので頑張ってください!

 

僕も将来やりたいことがあるので早めに決めて勉強を頑張っていきたいと思います。

 

以上、にわっちでした!


インターンシップ にわっち編

こんにちは! にわっちです! 今回は冬休みに2日間インターンシップに行ってきたので、その報告をしていきたいと思います!!!

僕がインターンシップでお世話になったのは「AKASHI S.U.C.」プラザA札幌店です。AKASHI S.U.C プラザA札幌店は、学校の制服やジャージなどを販売していています。大通高校のジャージも販売していて大通高校と関わりもあるんです!!

今回、僕が体験した仕事は、制服を発送する際に使用する宛名ラベルを切り離しする作業や、販売する際の試着用の制服をハンガーに掛けていく作業などでした。単純な作業でしたが、何度も同じ作業を繰り返していたので、集中力を切らさないようにと心の中で祈りながら作業をしたので、なんとかやり遂げる事が出来ました!

インターンシップで学んだ事は「他者と協力することの大切さ」です! 一人で仕事をするのではなく他の人と作業を分担することで効率とスピードが上がるのだなと思いました!

また、この2日間で初めて会った職場の方、大通高校の生徒と上手くコミュニケションが取れたので、自分に少し自信が付きました!!!

この経験を将来、仕事する時に活かしたいと思います!

以上、にわっちでした!

 

 


書道部員が書の甲子園で凄い賞を獲りました!!!!

こんにちは! にわっちです! 秋の終わりが近づいてきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回のブログは大通高校書道部員が出品した、「書の甲子園」の結果報告です!

 

結果

秀作賞 二年次五組 F・Kさん

二年次八組 K・Mさん

16493点作品が出品され、200点が入賞でした。

 

海外部門準大賞 二年次二組 K・Jさん

海外部門は343点作品が出品され、7点が入賞でした。

 

そこで入賞した書道部員の皆さんに取材してきました!!!

 

F・Kさん「学校祭やプレゼンテーション大会のパフォーマンスで、みんなと一緒に培ってきた経験が、今回の賞に繋がったと思います。この二年やってきて初めてのすごい賞なので嬉しい気持ちと、もう少し頑張って書いてもっと上の賞を獲れるように頑張りたいと思います」

 

K・Mさん「色々な想いをこめて書いてきた作品で、高文連から書の甲子園まで、ずっと書き続けてきた作品です。今までで一番いろんな賞を獲りたいと思っていたので嬉しいです。ですが、もう少し上をめざしたかったなという気持ちもあります」

 

K・Jさん「去年の書の甲子園とは違い、ちゃんと1年間書道を学んだ上での作品だったので正直期待していたのですが、予想とは違う結果になってしまって、とても悔しい気持ちもあります。でも高校生活の大事な思い出になりました。来年は外務大臣賞目指して頑張りたいと思います」

 

最後に顧問の宮﨑洋司先生にコメントをいただきました!

 

宮﨑先生「今回の3人はとても大きな受賞で、確率でいうと1パーセントか、それ以下の確率でしか獲れないような賞です。また、定時制高校だけでなく全日制高校を含めての展覧会なので、そういう中でこの子達が大きい賞を獲るということは凄く価値のある事だと思います。日頃から書道部の子達はとても頑張ってきていると思うので、やっと報われかなと思うし、頑張っていることが結果に繋がったので、とても嬉しいです」

とのことです! 今後の書道部の活躍に期待していきたいですね!

自分も書道部員のように上を目指して頑張っていきたいと思います!!

IMG_2998

以上、にわっちでした。


男女バスケットボール部新人戦!!!

お久しぶりです! にわっちです。寒くなってきましたね~。みなさん体調管理をしっかりしてくださいね。

 

今回のブログは、10月21日~10月22日に大通高校で行われた、男女バスケットボール部新人戦の大通高校の結果報告です!

 

男子バスケットボール部結果

1回戦は星槎国際高等学校と対戦し65対33で大通高校が勝利しました。

 

次に準決勝ではクラーク記念国際高等学校 札幌大通キャンパスと対戦し50対53で惜しくも敗退。

 

最後に3位決定戦で北海道札幌北高等学校と対戦し52対37で勝利しました。

 

結果は第3位でした。

 

女子バスケットボール部結果

出場校が大通高校だけだった為優勝となりました。

 

最後に宮崎純也先生と伊藤史也先生に大会全体を通しての感想を聞きました!

 

宮崎先生「女子については大会運営をよく頑張りました。男子については来年の5月まで大会はありませんが、今胸の中にある悔しさをどれだけ維持して学校生活や練習に励むことが全国への道の鍵になると思います」

 

伊藤先生「大通高校男女バスケ部として過去を振り返り、変化が求められた大会でした。バスケット選手である前に一人の高校生として何が必要なのか。そしてバスケットを通してどう進化するのか。自分以外の他者の存在に気づき、思いをめぐらすことが大切なのです。

試合の内容については、あえて触れません。夏の支部大会に引き続き、僅差で負けたことが現実です。何かを変えなければ、この差は埋まりません。勝利への近道は、練習することです。

これから目指すべき姿を今年卒業する先輩達が示してくれました。最後まで走り続ける姿、部活と進路実現を両立する姿を後輩たちは忘れてはいけません。チーム大通として男女共に切磋琢磨し、さらに高みを目指していきましょう」

IMG_1718

宮崎先生、伊藤先生、取材にお応え下さりありがとうございました!

自分もメディア局員として失敗などを通して成長していければなと思います!

 

以上、にわっちでした!


総文体 和太鼓伝統芸能部編

こんにちは! 二年次の、にわっちです。今回は8月25日(金)に行われた、札幌市立高等学校総合文化大会〈総文体〉に和太鼓伝統芸能部が出場したことについてお知らせします!

総文体とは、札幌市内の市立高校の運動部と文化部が集まり試合や発表会を行う行事です。

 

そこで、顧問の渡部成江先生に取材してきました!

 

Q.当日の様子はどうでしたか?

「会場は、大きいホールだったので、和太鼓の音を響かせるのが大変でした。また、今回新しい曲の構成、配置、打ち方を短期間で練習した中部員たちは成長し、良い演奏ができました」

 

次は、9月16日(土)に、「だい・どん・でん!」というイベントにてオープニングで演奏するそうです。楽しみですね~!

また、これからJ:COMの「さっぽろSHOW」で総文体の様子が放映されるので、どうぞご期待ください!(放送日時は未定です)

 

今回の取材を通して、部員たちの努力がひしひしと伝わってきたので、僕もそれに負けずにさまざまなことに取り組んでいきたいと思います!

 

以上、にわっちでした!


前期期末考査の範囲が発表されました!!!

こんにちは! にわです。

前期期末考査の範囲が発表されました。

二階玄関横に範囲表が貼りだされているので、忘れずに写真を撮る、メモをするなどして下さい。

定期考査は8月21日(月)~8月25日(金)の五日間です!

 

夏休みを満喫しながら勉強もしっかりしましょう! 僕も頑張ります。

以上、にわでした。

期末考査


選択研修について~にわ編~

こんにちは! にわです。

二年次でニセコと小樽に宿泊研修で行ってきました! その中の自分で体験したいことを選ぶ選択研修について話していきます。僕は、ニセコでマウンテンバイクを体験してきました!

 

初めてのマウンテンバイクで「大丈夫かなぁ」と思っていました。

いざ行くぞ! とはりきって勢いよく飛び出したのですが、最初の方は、練習に近い感じでデコボコな道や砂利道を通ったりしました。

慣れてなかったので、フラフラしていて怖かったです。

 

そして、本番! 坂道を「フォ――」と叫びながら風を感じ気持ちよく下っていました。

この時が一番楽しかったです。

しかし、ここからが大変でした。 森の中の結構危険な道を行くことになったのですが、

いざ行ってみると沼がありドロドロ...

さすがに難しいということで、違うルートに行くことに

タイヤがドロドロになったせいかタイヤが回る度に顔や体に泥が飛んできて、友達に「顔にほくろがついてるよ」と言われ、少し考えたところ「あっ泥だ」と気づきました。

 

それからしばらく行き次なる試練が!!!

そう! 水たまりです。

覚悟を決め行くしかないと突入しました。

案の定、泥水がかかりました。僕は、ジャージだったので良かったのですが、なかには白のTシャツを着ていた人もいて泥のデザインのようになっていたのです。

 

それがあって僕は吹っ切れたのか、もうびしょびしょになって楽しむぞ! というノリで自ら水たまりに行きジャージを汚しに汚しました。後のことなど考えずに...

 

途中急な坂を下りるときにバランスを崩して、軽い怪我をしてしまうアクシデントもありましたが、それもまた思い出になったと思います。

 

という感じで長々と語ってしまいましたが、このマウンテンバイクの体験通して友達もでき、ニセコの自然を満喫し、充実した選択研修になりました!

 

以上、にわでした!


学校祭の有志エントリーが開始!!!

こんにちは! にわです。

学校祭の有志エントリーが開始されました!!

学校祭有志エントリーとは、学校祭に自ら積極的に関わろうという志を持った生徒が参加を希望することです。

部門は

・飲食部門

・展示部門

・ステージ・開閉会式部門

・イベント部門

に分かれています。

飲食部門は7月3日が締め切りで、それ以外の部門は7月10日が締め切りです。

エントリー用紙は生徒会室前の箱に投函してください!

IMG_7340

なお、7月3日は企画書の説明が行われる「有志代表者説明会」があります。有志に出ようと考えている生徒は忘れずに必ず出席しましょう!
ぜひぜひご参加ください。みなさんで学校祭を盛り上げましょう! メディア局もより良い学校祭にしていけるよう頑張ります。

PDPには、このように掲示されているので確認しておきましょう。

IMG_7341

以上、にわでした!