順毛 悠斗 のすべての投稿

健康診断がありました!

皆さんこんにちわ!3年次に上がったゆーとです!
今日は4月12日に行われた健康診断についてお話します!
健康診断は身長・体重測定、聴力検査、歯科検診、内科検診、眼科検診、一年次はこれらの他に結核検診、心臓検診がありました。

皆さんの結果はどうだったでしょうか?
僕はなんと、3mmも縮んでました……
来年はこんなことが無いように、健康に気を付けたいと思います!
以上、ゆーとでした!


二年次黒沼さんの映画が上映されました!

こんにちは!二年次のゆーとです。
今回は二年次の黒沼玲亜さんが「トビタテ! 留学JAPAN」で製作した映画の上映会が10月18日の昼休みと夕休みにDORIスペースであったので、取材してきました。
トビタテ! 留学JAPANとは、政府だけでなく、官民協働のもと社会総掛かりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。
映画は10分程で内容は、仲の良い友達に新しい友達が出来たことで関係にひびが入るものの、最後には新しい友達も含めた三人で仲良くなる、という友情物語でした。
映画上映の後には留学で学んだ事をプレゼンテーションする時間もありました。IMG_2658

Q.動画を作るにあたって大変だったことは?
A.コミュニケーションが一番大変でした。色んな案をみんなで出しあい深堀していく会話になかなかついて行けないことが悔しかったです。脚本を学びに参加したので、ルームメイトのアマンダが抜擢された時は「監督やりたかったんだけどなぁ…」とも思いました。しかし、ここで終われば悔しいだけだと思い、役者を希望しました。

Q.動画、プレゼンテーションに込めた思いを教えてください。
A.自分が体験して得たエネルギーを伝えたかったです。自分で学んだ事としては、「極限の状態まで行けば、出来る」という事です。「やってみれば結構できるようになるんだよ」ということを伝えたかったです。
もう一つはエヴァンジェリスト活動(トビタテで学んだ事を広める活動)の第一歩として、これからも頑張ろうという気持ちで行いました。

Q.トビタテ留学JAPANに参加しようと思っている方に一言!
A.事前研修で講師の先生が話していた言葉「飛び込め or 飛び込み続けろ」という言葉を信じて、留学中失敗を続けても、何かできることが必ずあるはずだから、一個でも自分にできることからでいいから、とにかく挑戦していってほしいです!

Q.最後に一言!
A.留学に行ったこれからがスタートだと思っています。生かすも殺すも自分次第なので、もっと自分が経験した事をちゃんと掘り下げていきたいです。自分から色んな出会いをして、これからの人生でも、日本の中でも飛び込んでいきたいと思います。
そして、メディア局のにわさん、ゆーとさん、かいちゃんさん、大輔先生、信田先生、国際教育推進部の先生方、トビタテ関係者の皆さん、ベネッセコーポレーションの方々、カナダでお世話になった方々、トビタテ3期生の皆さん、本当にありがとうございました。

とのことでした!

IMG_2650
ちなみにですが、僕はメディア局として映画の字幕を付ける作業を手伝いました。
映画上映会にも参加させていただいたのですが、映画は先が気になる構成で、カメラワークも面白く、メディア局員としても動画作成の参考にしたくなるような内容でした!
その後のプレゼンも興味深い話ばかりで、とても引きつられる内容でした!
以上、ゆーとでした!


文芸部が高文連に参加しました!

こんにちは! 二年次のゆーとです!

学校祭の準備で忙しくなりつつあるメディア局ですが、頑張っていきたいと思います!

今回は高文連に参加した文芸部の結果をお伝えします。

文芸部が参加したのは『石狩支部大会 文芸研究会』です。

この大会では他校の生徒と交流をかねた小説や詩の合評をする分科会や、実際に小説家や詩人の方が来て下さって講演なども行うそうです。今回の講演は詩人である文月悠光さんがいらっしゃったそうです。

そして、気になる結果はなんと! 四年次の成瀨さんが優秀賞でした!

受賞した成瀨さんに取材してきました。

 

『司会の生徒さんがとても明るい方で、分科会や学校毎の部活紹介もとても楽しげな雰囲気でした。中でも講演と他校と行った詩の分科会がスランプ気味だった詩への考え方を変えてくれたので、とても救われました。後輩達にはぜひ賞を取って欲しいですが、大会に出る事に意味があると思うので、これからも頑張って大会に参加して欲しいです』

とのお話しでした。

IMG_2598

ちなみにですが、僕は文芸部でもあるので、この高文連にも参加しました!

残念ながら賞は取れなかったのですが、とてもためになる話が多く、有意義な時間でした。

また来年も参加したいです!

 

以上、ゆーとでした!


鴨々川ノスタルジアに行ってきました!

みなさん、こんにちは。二年次のゆーとです。

今回はキャリア探究の一環となっている鴨々川ノスタルジアの報告です。

鴨々川ノスタルジアの詳細についてはコチラを見て下さい!

 

鴨々川ノスタルジアでは『ぼけっと』という公式ムックを年に一回刊行しています。

ぼけっとは主にすすきの、豊水地区、山鼻地区の歴史を紹介するのですが、今回の取材先はなんと、定山渓! 長く歴史の続く饅頭屋『大黒屋商店』に行ってきました。

当日はあいにくの空模様だったのですが、取材中にもお客さんが来るほど大盛況でした!

 

そんな大黒屋商店の温泉まんじゅうの歴史や、味の秘密など詳しい内容は鴨々川ノスタルジアの公式ムック『ぼけっと』にて搭載する予定なので、楽しみにしていてください。

IMG_6376

初めての参加で緊張しましたが、とても有意義で楽しく取材を行うことが出来ました!

大黒屋商店の皆さん、ぼけっと編集長の山田さん、本当にありがとうございました!

IMG_6400

 


キャリア探究に参加しましょう!

みなさん、こんにちは!二年次に上がったゆーとです。

今回はキャリア探究という大通高校ならではの活動を紹介します!

キャリア探究とは『授業や委員会、部活動でない学校外の活動』です。

例えば今募集しているものの中でアニマドーレプロジェクトというのがあります。

一年次の皆さんも説明会などで聞いた事があるのではないでしょうか?

他にもまちなかの職業体験プロジェクトと、今年から新しくSAPPOROおもてなしガイドという活動も募集しています。

具体的な内容は職員室向いのキャリア探求掲示板に掲示してあるので、気になった方はぜひ確認してみてください!

 

IMG_5018

 

担当の宮崎純也先生は「やってみないと見えないことが多いので、まずはキャリア探究掲示板を見てほしい。目を向けてみて興味のあるもの、やってみたいものがあればどんどんチャレンジして色んな世界を知ってください。やってみたから見えてくるものがたくさんありますよ」と話されていました。

 

これからも続々と増えていくそうなので、気になるものがあるか定期的に確認するのもいいですね。

ボランティア活動がしてみたい方、学校外でも人の役に立ちたい方は参加してみてはどうでしょうか?

 

以上、ゆーとでした。

 


吹奏楽部員が「高校生のためのメモリアルコンサート」に出場しました!

こんにちは、一年次のゆーとです。

今回は11月19日にちえりあホールで行われた「高校生のためのメモリアルコンサート」の報告です。

_mg_8620

吹奏楽部から二年次の森響希さんが出場しました。演奏内容はアルトサックス独奏で伴奏が立花先生でした。
感想を森さんにお聞きしました。

「独奏は初めてで、他の部員に演奏を聞いてもらったり、リハーサルでミニコンサートをしてみたりして、緊張しないようにして、技術的な部分は先生に指導してもらい、毎日苦手な部分を特に練習しました。本番、苦手な部分は緊張しましたが、伴奏の立花先生と練習したところは上手くいき、ホール全体に音が響いてとても楽しかったです」
終了後に審査員や他高校生の参加者から評価、コメントをもらい、とてもいい経験になったそうです。

顧問の森先生にもお話しを伺いました。
「大会に出たのは今回で四人目で、やる気のある真面目な生徒がいたらまた出場したいと思っています」
との話です。

吹奏楽といえば合奏のイメージが自分の中でありましたが、普段は個人練習が中心だそうです。
ですが、意欲的に大会に参加する生徒のいる吹奏楽部にはこれからも頑張って頂きたいです!

以上、ゆーとでした!


中国語スピーチコンテストに大通高校生が出場しました

こんにちは、一年次のゆーとです。
今回は10月23日に行われた全日本中国語スピーチコンテスト北海道大会の報告です。

このコンテストは北海道日中友好協会主催の大会です。
開催の目的は、中国への関心が高まりつつある日本で、中国語を学ぶ人に向けたスピーチの大会です。

部門は「暗誦の部」「朗読の部」「弁論の部」とあり、大通高校からは「朗読の部」に二人出場しました。

出場者は鎌田莉衣奈さんと高宗民(ゴ ジョンミン)さんで
高宗民さんが見事、三位でした!!

img_6778

鎌田さんに大会について話を聞きました。
『中国語指導の先生が学校にいる時間が少なく、自分でやる事が多く大変でした。でも、自分でだんだんと読めるのが楽しかったです』

話を聞いてみて、隣の国だというのにあまり知らないことが多く、興味が湧きました。
これを機にもっと世界に目を向けるようにしたいです。
以上、ゆーとでした。