書道部員が書の甲子園で凄い賞を獲りました!!!!

こんにちは! にわっちです! 秋の終わりが近づいてきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回のブログは大通高校書道部員が出品した、「書の甲子園」の結果報告です!

 

結果

秀作賞 二年次五組 F・Kさん

二年次八組 K・Mさん

16493点作品が出品され、200点が入賞でした。

 

海外部門準大賞 二年次二組 K・Jさん

海外部門は343点作品が出品され、7点が入賞でした。

 

そこで入賞した書道部員の皆さんに取材してきました!!!

 

F・Kさん「学校祭やプレゼンテーション大会のパフォーマンスで、みんなと一緒に培ってきた経験が、今回の賞に繋がったと思います。この二年やってきて初めてのすごい賞なので嬉しい気持ちと、もう少し頑張って書いてもっと上の賞を獲れるように頑張りたいと思います」

 

K・Mさん「色々な想いをこめて書いてきた作品で、高文連から書の甲子園まで、ずっと書き続けてきた作品です。今までで一番いろんな賞を獲りたいと思っていたので嬉しいです。ですが、もう少し上をめざしたかったなという気持ちもあります」

 

K・Jさん「去年の書の甲子園とは違い、ちゃんと1年間書道を学んだ上での作品だったので正直期待していたのですが、予想とは違う結果になってしまって、とても悔しい気持ちもあります。でも高校生活の大事な思い出になりました。来年は外務大臣賞目指して頑張りたいと思います」

 

最後に顧問の宮﨑洋司先生にコメントをいただきました!

 

宮﨑先生「今回の3人はとても大きな受賞で、確率でいうと1パーセントか、それ以下の確率でしか獲れないような賞です。また、定時制高校だけでなく全日制高校を含めての展覧会なので、そういう中でこの子達が大きい賞を獲るということは凄く価値のある事だと思います。日頃から書道部の子達はとても頑張ってきていると思うので、やっと報われかなと思うし、頑張っていることが結果に繋がったので、とても嬉しいです」

とのことです! 今後の書道部の活躍に期待していきたいですね!

自分も書道部員のように上を目指して頑張っていきたいと思います!!

IMG_2998

以上、にわっちでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です