ミツバチ内検8月16日

みなさんこんにちは! しばらくブログ離れしていたみずきです!
今回は8月16日に行われたミツバチ内検の様子をお伝えします。

_MG_8933

シャーロット群は前回投与した薬が効いてダニが落ちていたこと以外には特に変化が無かったのでそのままにしておきました。

ダイアナ群も前回投与した薬が効いてダニが落ちていたこと以外には特に変化が無かったのでそのままにしておきました。

ひみこ群はさなぎが多かったので巣礎を一枚追加し、花粉を与えました。そして女王蜂に『羽切り』と『マーキング』をしました。

アリス群は特に変化が無かったのでそのままにしておきました。

ミエル群も特に変化はありませんでしたが、王台を撤去して花粉を与えました。

新群は女王蜂が羽化していましたが、外に出ていっている可能性が高く女王蜂自体は見つかりませんでした。

みつえ群には花粉とエサ500mlを与え、ひみこ群と同じく『羽切り』と『マーキング』をしました。

アフロディーテ群は特に変化はありませんでしたが、先週羽化した女王蜂が卵を産んでいることが確認できたのでダニ取りの薬を投与しました。

私は久しぶりに内検に行ったのですが、少し見ない間に新群ができていたり新女王蜂が羽化していたりと大きな変化が見られて驚きました。次の内検では今回見つからなかった女王蜂が見つかると良いですね!

以上! みずきでした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です