救命導入講習がありました

こんにちはみずきです!

今回は2月6日に一年次を対象に行われた救命導入講習の様子についてお伝えします。

消防署の方が来校してくださり、胸骨圧迫やAEDの使い方を人形を使って教えていただきました。
生徒が数人ずつ分かれたグループに一人一人ついていただいて、倒れている人を見つけたという設定で体験しました。

私が実際に胸骨圧迫を体験してみると、圧迫する位置がずれてしまったり、力が弱かったりと正しい方法で行うことが出来ませんでした。
その後の消防署の方のお話の中に「速く、強く、絶え間なく」という言葉が出てきましたが、実践してはじめてその難しさが分かりました。

_MG_9898

私たちの身の回りでも、いつ誰が倒れてしまうかわかりません。そうなってしまった時に救急車が到着するまでに、私たちができることを学ぶことができて良い機会でした。皆さんも興味があれば是非調べてみてください。

以上みずきでした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です